第16回詰将棋解答選手権初級戦問題をやってみる

取り敢えず第16回詰将棋解答選手権初級戦の問題をやってみた。

 

何故今かと言うと?

いまなら誰もブログに書かないと閃いたからである。

 

何故初級戦かというと?

チャンピオン戦は時間が掛かるし解けない。

一般戦も時間が掛かるし解けるか解らない。

取り敢えず一般戦問題を見たら制限時間50分で1問目から「開き王手」の形である。初心者の私は詰将棋を趣味にしてから「開き王手」の詰将棋を結構見ているので開き王手以外の詰将棋を解きたいので一般戦はパスである。

考えてみると恐らく〇〇〇から開き王手2回なんだろうけど解答は見て無いので間違っている可能性はある。解答を見ると他の解答もわかるので今回は見ない。

 

そこで初級戦である。

初級戦の制限時間は30分である。

意外に短い事に驚いた。

1時間くらいかと思ったら30分である。

こんなに短かったらあせって間違える可能性も充分に考えられる。

 

取り敢えず1問目

ちょっと考えるが恐らくこれだろう。

2問目

衝撃を受ける。

3手詰めの基本形に見えるからである。

実はこれは引っ掛けなのか?

と考えるが多分基本通りなんだろう。

3問目

14歩は同手数駒余りにする駒なんだろうけど

それが分かっていながら実は悩んだ。

この基本手筋に直ぐ気付かない「自分の解図能力の低さ」がでた。

4問目

パッと見た感じこれだろう。

ちょっと変化も考えるが多分これなんだろう。

5問目

1番悩んだ。

「5手詰めでこんなに詰方の駒と玉方の駒動かすか?」

と途中で思いあの手筋じゃないのかと思ったら解けた。

手数が分からなかったら紛れ順でありえない合駒を発生させて詰ませた気になるタイプの詰将棋だった。

6問目

25歩は同手数駒余りにする駒なんだろう。

じゃああれだな変化も全部詰んでいるみたいだ。

 

ここで終了。

体感5分くらいだったが実はもっと掛かっているのかも知れない。

計ってないのでわからない。

かかった時間は多い順並べると

5→3→6→2→4→1

計ってないけどこうなっているんだと思う。

 

そこで解答をみる全題正解みたいだ。

実際会場にいくと「30分の時間であせって間違える。」「会場独特の雰囲気で何だこの不快なプレッシャーは?と感じて間違える。」があるので全題正解出来たかはわからない。

 

解答率をみる。

びっくりするくらい6問目の正答が少ない。

ということは私の読んでいない「有力な紛れがある」ということである。

 

早速6問目の調査を開始する。

良くわからない・・・

初手開き王手やっているんじゃないのか?と初手開き王手を読む。

開き王手の詰将棋あんまり読みたくないんやけど。特にこの飛車角が連結しているタイプは。

 

読んだ結果。良くわからない・・・

ここで「ウリンチャージは考えるの止めた」

 

詰将棋解答選手権初級戦をやった結果。

6問目の有力な紛れを見つけれなかったのは残念であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

無意識での意識

私は人知れずこっそりと詰将棋の研究をしているのだが全く意識してなくても似た構成の詰将棋を作ってしまうのはあるんだなと気付いた。

 

(一応自作図)

これは中合詰将棋作っている時に「一式図式でも出来るんだなあ。」と思い作った詰将棋。最初と最後は今週の詰将棋に出した手順と似ている。ちなみに詰将棋らしい手は無い。無意識のうちに出した詰将棋に手順を似せてしまっている。

 

(一応自作図)

これは今週の詰将棋㊸に出そうとしていた詰将棋。今週の詰将棋㊸が出来て無かったらこれになっていた。書かれてから気付いたのだがこの時点ですでに13玉型で12香と1筋に歩を置き、詰め方35角に2筋に飛車を利かす形である。玉を1段上げる又は1筋左に寄らすすら今週の詰将棋に出した図でやっていない。この詰将棋が相当頭に残っていたみたいである。

 

信じられないことに人は無意識のうちに手順を寄せる。形を寄せるをやってしまうのか!!

まあこれはこれで人という生き物はそうなんだろうと勝手に思ってる。

 

 

 

今週の詰将棋㊹の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

作意

25飛 13玉 22龍 同金 35角 24歩合 同角 23玉 42角成 24歩合 同飛 13玉 22飛成 同玉 23歩 同玉 24歩 22玉 23金 21玉 43馬 同銀 22銀 以上 23手詰め

 

詰め上がり図

 

実はラスト21玉では無く11玉とする玉方変同がある。気にし過ぎかなと思い敢えて書いていない。

この詰将棋の狙いは「同じ地点で2度の捨て合」である。

作者も気付いていなかったのだが後「同じ地点ででの2枚の飛車捨て」これはミーナさんからのコメントにより急遽追加した狙い。

 

開き王手に使う2枚の駒を設置すると「開き王手に使う2枚の駒を設置したポイント」なるものがあるという説を見たので最初にそうしているがこの形はそれ以外王手出来ないので多分入らない。

 

まず最初に22龍で詰みそうに見えるが

同金25飛24歩合で詰まない。

 

その為24の捨て合を詰める様角の位置を変更する。

25飛13玉22龍同金35角で開き王手する駒2枚を盤面に配置し24の地点に捨て合を出す。

同角23玉42角成24歩合となり再度同じ24の地点に捨て合が発生する。

同飛13玉22飛成となり同じ22の地点に2枚目の飛車を捨てる。

これが急遽追加した狙い。

同玉に23歩と打てば玉が狭くなって詰む。

同玉24歩23金の時11玉と逃げる変同があるがこれは直せないと思っていた。

 

が、ミーナさんがあっさり解決していた。

 (ミーナさん案図)

33馬を防ぐ41桂は少し考えていたけどそうだったのかこの図なら変同が解消出来ていたのか流石である。

 

変同を無くす図を教えて貰えたので個人的には勉強になったのではないのかと感じている。

 

 

 

 

 

 

初心者が詰将棋を作ると解図能力が落ちるのか?

私は結構人知れずに簡単な詰将棋を解いているのだが前からうすうす思っていたが簡単な詰将棋を間違えるようになったのでは無いかという気がしてきた。

 

特にそれが顕著の現れたのが今週の詰将棋㊶で出した図を作っている時本当に簡単な問題を間違えた。

今週の詰将棋㊶で出した図。

 

その時なら

(適当に作った自作図)

どう見ても間違い様が無いこの詰将棋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て1秒以内に

11飛成同玉21角成

で解けたと思い答えを見て「うわっ、こんな簡単な間違えてもうた!」と思うぐらいだった。

これは冗談だが流石にこれは間違えないと思う。

要するに下図。

(間違えた詰将棋で解けたと思った手順を元にした自作図)

 

逃れ順でありえない合駒を発生させて詰まして解けたと思って解答を見て「うわっ、こんな簡単な問題を間違えてもうた!」と思うことが多くなったのである。

 

これを解図能力が落ちたとは思わないが簡単な問題を間違えるようになったのでやはり解図能力が落ちたというのかも知れない。

 

 

 

 

今週の詰将棋㊸の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

作意

13金 同玉 35角成 24歩合 同馬 22玉 23金 11玉 33馬 同桂 12金 同玉 13歩 同玉 14歩 同玉 24飛 13玉 14香 以上 19手詰め

 

詰め上がり図

 

この詰将棋の狙いは「特に無い。」のだがしいて言うと「実戦系」「捨て合」「飛車筋を通す為に中央の馬捨て」と私の考える詰将棋らしさを入れているところ。

後、私が詰将棋を趣味にしてから非常に「開き王手」の詰将棋を見る。そこで開き王手を意識した形だが恐らく作者にしかわからない。

 

まず初手両王手の13金とする。

31玉には21飛成で簡単なのだが

33玉には35飛とする。

これで32に置いている守備駒の金が飛車で取れるようになって詰む。

34合同飛43玉44金42玉53金41玉32飛成同玉43金31玉42金で詰んでいる。

 

そこで初手13金には同玉35角成24歩合の捨て合。

同馬22玉となった時に開き王手をせずに金の重ね打ち。

31玉と逃げれば32金で簡単な為、11玉に金馬飛と並んでいる中央の馬捨て。

同桂に12金と香を取り、

後は歩で玉を吊り上げて香打ちで詰み。

 

順算で作った割には詰将棋っぽい。これはありだろう。