今週の詰将棋㉖の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。


作意

24銀成 あ)同歩 35銀 23玉 43飛成 い)33銀合 う)24銀 同玉 15金 23玉 24銀 12玉 13銀成 21玉 22歩 31玉 33龍 32金合 21歩成 同玉 22銀打 同金 22成銀 同飛 31金 12玉 22龍 同玉 32飛 23玉 24歩 13玉 33飛成 12玉 23龍 以上35手詰め  

 

詰め上がり図

 

この詰将棋の狙いは「う)のところで普通なら34銀で詰むのだが34銀で詰まないようにして24・13にある歩を取って別の詰め筋を発生させて詰ます」である。

 

あ)のところで同玉は

35銀 33玉 44銀 32玉 43銀成 31玉 32銀打 同飛 同成銀 同玉 34飛 22玉 44角 33歩合 同飛成 12玉 22龍で詰む。

 

それゆえ同歩と取り23の地点を退路として開ける。

 

い)で22の地点に利かす角・銀合以外は

全て34銀12玉23銀打21玉22銀同飛同銀同玉33銀成12玉32龍で詰む。

 

そこで角合だが

34銀 12玉 23銀打 21玉 32銀 同飛 同龍 同玉 3銀成 同玉

で下図になる。

ここで22角43玉44角引成52玉72飛62歩同馬同金同飛成43玉44金で詰む。

 

銀合以外全て34銀で詰むようにしている。

ならば銀合の時に34銀で詰む筈だと思い考えて頂けたらこの詰将棋の狙いは成功である。

う)で34銀とすると

角合の時と同じ変化を辿り

持ち駒が飛角なら詰むが飛銀になり詰まない。

 

それゆえ銀合時には24・13で歩を取り別の詰め筋が発生して詰ます。

 

この詰将棋を作り始めたところは当然ここ。

(もうこれは調整が終わっている図。)

この時に普通なら詰む34銀が特定の合駒の時のみ詰まず。別の詰め筋を発生させて詰むようにした。

 

この理論は面白いんじゃないかと思っていたが、ミーナさんからのコメントにあったように26角が変化でしか動かないのが残念であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週の詰将棋㉕の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

 

持駒のところが潰れて見えないけど

金3枚に銀1枚

作意

13金 同桂 21銀 同玉 32角(成) 同玉 42飛 24玉 13桂成 同角 35桂 同角 24金 同玉 22飛成 34玉 44金 同角 25龍 以上 19手詰め

 

詰め上がり図

 

 

手触りということ。これは計量化が出来ないだけに、作る側の感性の問題として大切になってくる。

例えばこの詰将棋。25の桂馬が邪魔になって詰まない。その為21桂を13に跳ねた瞬間に21銀がちょうどその空き地の捨て駒になる。35角を13に移動させた瞬間に35桂がその空き地への捨て駒になる。その空捨ての手触りを面白いと感じ取ってもらえるかどううかがこの詰将棋の全てである。

 

13桂と跳ねた後即21銀打ち

 

13角と移動した後即35桂打ち

 

ここまで偉そうに書いていながら今迄の解説は全て水の泡となっていた。実はこの詰将棋には余詰めがあった。

 

初手から13桂成同桂23金同玉32角成34玉44金同角43馬35玉44馬36玉

この時に39飛と打てば詰むと。

 

その為この詰将棋は一応以下の図に変更。

 

 

 

 

 

今週の詰将棋㉕

今週の詰将棋は下図。


(わかった方はコメント欄に手数の解答をお願いします。)

 

実は余詰めが発生している。

指摘者はミーナさん。

考える人は玉型に38とを置いて考えて頂きたい

 

今週の詰将棋㉔の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

作意

26銀 16玉 17歩 同と 同銀 15玉 25金 同桂 26銀 16玉 17歩 同桂不成 同銀 15玉 26銀 16玉 28桂 同歩(成) 17歩 27玉 36馬 同玉 37金 以上23手詰め

 

詰め上がり図

 

この詰将棋は「打ち歩詰め回避に桂馬が成ると早く詰む」この手筋を見た時に確かに駒を飛び越える桂馬だと作りやすそうと思い手筋を忘れないように作ったものである。

ちなみに貼った後直ぐに2手逆算できるなと思い2手逆算して差し替えてもいる。

コメントで桂馬成でも不成でも同一手順で詰むという意見もあると聞いて

「へえー。そういう意見もあるのか!?」

と驚いたりもしたものである。

更に手順前後が発生するこれも考えていたが不完全作になりそうなので止めた。