今週の詰将棋㉟の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

作意

22龍 同玉 13金 32玉 34香 21玉 43馬 11玉 44馬 33歩合 22金 同玉 33香成 同角 同桂成 12玉 13歩 同玉 31角 12玉 22角成 以上21手詰め

 

詰め上がり図

 

この詰将棋の狙いは「10手目の合駒によって33にいる駒が変わるところと初手13香には12桂合の限定合逃れ」

 

初手13香に12歩合は

22龍同玉12香成同玉34馬23飛合となって

 

13歩11玉21金同飛同銀成12歩成32玉22飛31玉21とで詰む。

 

2手目22桂合とすると

22龍同玉12香成同玉34馬23歩合で

13の地点に金しか打つことが出来ない為詰まない。

 

そこで初手22龍同玉となる。

ここで23香は16飛が1筋に効いている為詰まない。

 

13金32玉34香となる。

ここで33の地点に合駒をすると

同香成同角同桂成同玉11角で詰む。

 

その為34香には21玉43馬11玉44馬と玉を22の地点から11の地点に変えて33で合駒をする。

 

33桂合には22金と玉の位置を22にして同香成同角同角成とする。

同じようでも33桂成と33の地点に成桂を残した場合は12玉の時に

こうなり詰まない。

 

33馬の為13桂成が可能になる。

後は同玉31角12玉22角成で詰み。

 

10手目歩合の時

22金同玉33香成同角同馬と33の地点を馬にすると21玉で

こうなり詰まない。

その為33の地点を成桂にして12玉。

後は13歩同玉31角12玉22角成で詰み。

 

まあ作意の最後22角12玉11角成同玉22成桂の詰方変長があるがまあ仕方ないだろうと思っている。

 

 

 

 

 

今週の詰将棋㉞の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

作意

33飛成 15玉 35龍 25角合 26龍 24玉 35馬 14玉 25龍 同桂 26桂 15玉 51角 24香合 同角成 同歩 16香 以上17手詰め

 

詰め上がり図

 

この詰将棋の狙いはこの構想全部である。

①35の地点にいる飛車を龍に変える。

②その時に頭の丸い角合を発生させる。

③角合を発生させた効果で角の頭に龍をどかす。

④飛車の次に龍がいた35の地点に馬を持ってくる。

これで35の地点にいた駒が飛車・龍・馬になる。

⑤どかした龍で角を取り、この時に最初に頭の丸い角合を発生させた効果でもう角合出来なくて詰む。

何故ここまで具体的かというとある詰将棋を見た時にこの構想を閃いたからである。

 

その詰将棋とはあの第16世永世名人詰将棋である。

(永世名人直伝!完全版”自然流”詰将棋 第64問)

 

この詰将棋を眺めていると上に挙げた構想を閃いた。

(考え始めた素材図)

この図から考えていると構想通りに作れそうな気がしてきた。

そして試行錯誤の末作ったのが今週の詰将棋で出した図。

 

詰将棋の解説に入る。

まず35の地点にいる駒を飛から龍に変える。

 

ここで角合以外だと

香合は同馬同桂16香で簡単。

桂合は26龍14玉16龍15合26桂24玉35馬で詰む。

銀金飛合は26馬14玉25馬同桂26桂15玉で合駒した駒を打って詰む。

 

なので頭の丸い角合を発生させる。

ここで26馬とすると角での合駒請求時に角合が発生して詰まない。

 

なので35馬が出来るように角の頭に龍をどかせる。

 

ここで14玉は16龍で簡単。

よって24玉35馬と飛車の次に龍がいた35の地点に馬を移動させる。

14玉25龍同桂26桂15玉51角の時角合が発生出来なくて詰む。

最後の合駒は何でもいい。

 

うむ。構想通りの詰将棋が作れた。

 

なんと!この詰将棋を見てミーナさんより詰将棋図面が届いた。

(届いたミーナさん案図)

 

こちらの方は詰将棋らしい手筋が複数入っている。

要するに遥かに完成度が上がっている。

最初の構想しか思い浮かばなかった私には到底浮かばなかった図である。

ひょっとしたら素材図は汎用性の高い図なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

今週の詰将棋㉝の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

作意

21桂成 同玉 33桂 同銀 32銀 同玉 24桂 同銀 42飛 同角 22金 33玉 34角成 以上13手詰め

 

詰め上がり図

 

この詰将棋にはモデルがある。

皆さんご存じあの一六世永世名人詰将棋である。

永世名人直伝!完全版”自然流”詰将棋 第14問)

この詰将棋を見て頭2手削って穴熊に出来るなと思いして見た図が今週の詰将棋で出した図。

 

(頭2手削った図)

5手詰めだが最初の変化の時に7手目の詰将棋をモデルにしたからこの局面から7手で詰めば問題ないと信じられないことに思っていたのであった。人間は一度思い込むとずっと思い込んでしまうそういう生き物なのでまあそれはいいや。

 

それは置いといてこお詰将棋の変化解説。

初手21桂成に同銀の場合。

急所に見える23歩を成捨てる22歩成がある。

同玉は33銀同玉34角成で玉が捕まっている。

42玉は43金

32玉OR22玉は33金で簡単。

そこで22歩成には同銀。

21飛同玉32銀同玉24桂と急所の位置に桂を据えて詰む。

21玉は43角成11玉21金

23玉は34角成13玉12桂成

33玉は34金42玉43金

 

なので2手目は同玉。

ここで33桂に11玉は駒余り2手変長になる。

33桂11玉21飛同銀同桂成43角成32銀合33桂11玉21金同銀同馬で詰む。

これは銀合を無くせば防げるので恐らく下図なら防げる。が別の変長が防げていない。

(銀合を防ぐための銀4枚図)

 

3手目33桂に同銀32銀同玉24桂と進む。

ここで23玉も駒余り2手変長で詰む。

23玉34金同銀同角成22玉32飛21玉12飛成

 

うむ。駒余り2手変長のキズがあるが現行のルールだと不完全作かもしれない。まあそれはどっちでもいいや。