待宵30番

この有名手筋も待宵に入ってたか

この時代はこれで良かったのだが

この場合はこうなるのか

今だとこうならないので初めて知った

手順は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初手

手筋の61角

同玉に

51角成

同玉は52金で詰むので

72玉

ここで62飛成とすると83玉で逃げられる

 

62飛成では無く

好手

82金

同玉に

83からの逃走を防ぐ

84香(~89まで可)

ここで72の地点を守る

83銀か83角合

有名手筋とはズバリこれ

84香に72の地点を守る83銀合か角合

そして

62龍

72合に

71銀

後は92玉に72龍同銀82銀成で詰め上がり。

72の地点に合駒した駒が余る

この時代はこれで良かったのだが

 

どうせ持駒が余るのなら

84香に82の地点を守る83金合か83飛合が発生している可能性がある

私が初めて知ったのがこれ

持駒が余らない形なら銀合か角合になる

余るのなら金合飛合どっちでも余ることに変わりはない

 

ちなみに初手82金とすると

同玉84香に

71玉か72玉と逃げられて詰まない

最初に馬を61・62の地点に利かせる必要がある。

 

今なら合駒の部分を抽出してこうなるのだろうか

銀合以外にも見どころのある詰将棋であった

 

 

そこでこの詰将棋を眺めてみると

銀合が出る気がしないだろうか?

銀合出てるのに銀合ってどういうこと?

って思う人がいるかもしれないが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ウリンチャージ作図)

記事書く前に適当に作った

それでは

ソース画像を表示

「あけましておめでとうございます。」