今週の詰将棋㉒の解説

今週の詰将棋で出したのは下図。

作意

12金 同玉 14飛 13桂跳 24桂 22玉 44角 33飛上 12金 31玉 22角 42玉 33角引(成) 52玉 62飛 以上15手詰め

 

詰め上がり図

 

この詰将棋の狙いは「13桂跳ねの移動合」と「33飛上の移動合」

作っている時に「無仕掛け図式」に出来るなと思いしてみた。

 

4手目13桂跳では無く13金合だと

24桂11角同玉12金同金同飛成で詰む。

 

則ち31飛の横利きを通すための13桂移動合

 

44角の時31への退路を開ける33飛の移動合。

 

この詰将棋を作ったきっかけはある詰将棋の解説が元になっている。

発想のきっかけは「21桂を移動合で13に動かす」というアイデアだった。次に21桂を13に移動合する意味づけを考えてみたら、「31飛の横利きを通す」という答えが出てきたわけだ。それでは、「13桂と移動合する」+「33の地点に移動合する」+「他の地点に移動合する」詰将棋を作ってみませんか?